BLOG

​イベントや近況については、Facebookをご覧ください。

March 28, 2017

デザインという言葉から一般にイメージされるのは、模様や図柄、あるいはレイアウトといった「意匠」だろう。美術大学でも、絵画や彫刻と並んでデザインがあるので、デザインは実用的な絵や物を創作するアートの一分野だと思われがちである。しかし、元来デザインはそういうものではなかった。

デザインが生まれた19世紀末から20世紀初めは、近代アートがその極限に達していた時期だっ...

March 28, 2017

2016年には『地域アート—美学/制度/日本』(堀之内出版)という本が出版され、日本のあちこちで「アートは地域の力になる」、「いや、アートは地域のためにあるのではない」と喧々諤々の議論が巻き起こりました。街の中に脈絡なく置かれたアートが、街の活性化に貢献しているかと問われれば、そのようには思われませんし、地域の人と一緒に表現活動したものが、どれもアートだと言...

March 29, 2016

20世紀後半、芸術は趣味や余暇の対象で、豊かさを象徴するものと考えられていました。たしかに「芸術作品」なんかなくても、私たちは生きていくことができます。しかし、非言語コミュニケーションを基軸とする「芸術的な表現活動」は、単なる豊かさの象徴ではなく、異なる人間が社会の中で共存していく上で不可欠なものであることが、近年のさまざまな研究からわかってきました。

とくに...

March 29, 2016

アートマネジメントは、1960年代にアメリカで、ビジネスのマネジメントを芸術に応用する試みとして始まりました。当初は美術館や劇場を運営するノウハウ、芸術家や文化活動の支援などが主要なテーマでしたが、半世紀が経過し、アートや社会のあり方が大きく変化した現在、その射程や課題に見直しが必要とされています。また、アートマネジメントは、都市の芸術活動を念頭に構想されま...

Please reload

Categories
Please reload

Articles

October 25, 2017

March 28, 2017

March 29, 2016

Please reload

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey

© 2017 Mia Nakamura